So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
礼拝メッセージ ブログトップ
前の10件 | -

「叱られたペテロ」使徒10:9〜24 [礼拝メッセージ]

8月26日礼拝メッセージ(野口牧師先生)より

 ユダヤ人は救い主が生まれる民族として選ばれ、食物規定はその純粋性を保つためのものだった。それ故イエスによって成し遂げられた後は、今度はその御業が全世界へ広がっていくために、食物規定をこわし、異邦人と食事を共にするための新たなステージになった。そのことをペテロが悟るために、神は御使いを通して、異邦人のコルネリオにペテロを招くように伝え、幻によってペテロに食物規定が無効になったことを示した。
 そして、ちょうどペテロが幻について思い惑っているところに、コルネリオの使いが到着するという絶妙なタイミングを備えてくださった。私たちの生活の中でも「タイミングを逃さない」ということは大切である。子育てを例に考えてみると、子どもが喧嘩をした時、すぐにとめてしまうのでなく、ある程度見守り、どちらかが危険なことをした時に、しっかり叱るようにと専門家は言う。そういう体験があってこそ、人と対立した時の対応の仕方や、危険な行為について学ぶことができるからだ。
 食物規定にこだわるペテロに対し、神は「神がきよめた物を、きよくないと言ってはならない。」と一喝している。人間は神の被造物であり、主権は神にある。これも子育てに当てはめて考えてみると、親がルールを決めて、しっかり守らせることが大切になる。子どもの抵抗に振り回されて親がルールを曲げてしまうのは、子どものためにならない。また、子どもを褒めることはもちろんだが、ルールに基づいて、叱るべき時にはきちんと叱ることもまた大切である。適度な挫折を乗り越えてきた人は「レジリエンス(逆境に負けない力、心の復元力)」が強くなるからだ。
 コルネリオは、異邦人である自分の所に、本当にペテロが来てくれる保証がないにも関わらず、親族や親しい友人たちを呼び集めて待っていた。それは神に信頼していたからであり、見ずして信じる信仰によるものだった。私たちはどうだろうか?神に信頼し、やるべき準備をやっていく時、神は必ず応えてくださるお方なのだ。

『全家族と共に神を恐れ』使徒10:1~8 [礼拝メッセージ]

8月5日礼拝メッセージ(野口牧師先生)より

 コルネリオはカイザリアに駐屯している精鋭の集まりイタリア隊の100人隊長だ。当時のローマは信仰の自由が認められていたが、本質を見抜く力があるコルネリオはユダヤ人の生き方や信仰姿勢を見て、その中におられるまことの神さまの存在を知った。
 ユダヤ教へ改宗はしなかったが神に対して畏敬の念を持ち、その戒めに従い神の前に聖さを求めて生きることを願った。
 日々の祈り、貧しいユダヤ人のために捧げた施しは神さまの前に覚えられていた。彼の言行一致の生き方は周りにいる人々の手本、モデルとなり家族や部下たちが神さまを信じ祝福が広がってゆく。私達も自分の生き方、生き様を通して何を信じ、どんなふうに信仰に生きているのかを証しする者として、たとえ身勝手な願いであっても常に祈り、また他の人のためにとりなしの祈りで大胆に祈り求め、まことの神さまの大きな祝福をいただこう。
 神のみわざの前進のために信仰をもって捧げるささげものは、祈りと同様に神さまに覚えられていることを私達は知っている。
 コルネリオが祈っているとき御使いが幻の中に現れヨッパの皮なめしの家にいるペテロを訪ねなさいと示されたことを二人の僕と敬虔な部下に詳細な説明をしてから遣わした。
自分よりも身分の低い、しかも当時忌み嫌われていた皮なめしのシモンの家にいるペテロを訪ねるために人を遣わすなど考えられないことであり、それは以前のペテロにも言えることだった。
伸びる人の特徴は素直さ、そして人の話をよく聞き、その中にある知恵を活かし、リスクが少ないと思う事は結果が出るまでやり続けることにある。コルネリオは御使いの言葉を聞いて素直に応答し、ペテロも祈りの中で新たな示しを受け主の不思議なご計画の中で2人は出会い、主に用いられてゆく。
 私達も地域に仕える教会として子ども食堂を開設するというピジョンが『わたしの名は不思議』といわれるまことの神さまによって与えられ、10月からプレオープンする。子ども食堂を通して人々が結び付き、自分にできることをして支え合ってゆく喜びを主に在って広げてゆけたらと願っている。
 コルネリオのように主の示しに素直に応答し、祈り、自分達に与えられている賜物などを喜んで捧げチャレンジし、やり続けることで主の祝福と成功が与えられるように祈り求めてゆく。ジョイ・ファミリー食堂(子ども食堂)を通して主が栄光を現して下さいますように。

「自分のことだけ考えると滅びる」使徒9:32〜43 [礼拝メッセージ]

7月29日礼拝メッセージ(野口牧師先生)より

 私たちクリスチャンには、自分でどうすることもできないことは神に依り頼むことと同時に、自分でしなければならないこともある。例えばパウロは、イエスの奇跡によって救われたが、その後クリスチャンとして活動するためには、アナニヤとバルナバの助けが必要だった。そのように、神の力と人間の責任の、両方が大切である。
ペテロは人間の側の責任として、「あらゆる所を巡回した」とある。ここから分かることは、彼は示されたらすぐに実践する行動力を持っていたということと、自分たちの教会さえ祝福されれば良いとは思っていなかったこと。イエスの願いは、クリスチャンがあらゆる所に福音を持って出て行くことであり、自分の教会のことしか考えないマイチャーチ主義は、みこころとは違う。当教会では、各牧場ごとに宣教地への祈りと経済的支援を行っているが、このことを通して、松原にいながら世界宣教に携わることができるのだ。
 36節に「ヨッパにタビタという女の弟子がいた」とあり、彼女の葬儀で、やもめたちがみな泣いていたとある。弟子とは「主の思いを自分の思いとする人」であり、言い換えるなら「神を愛し、自分を愛し、隣人を愛する」という3つの愛に生きる人、特にイエスがそうされたように、弱い人に仕える人であろう。葬儀は人生のスクリーンのように、その人が生前どのように生きたかを写し出すが、まさに、タビタが主の弟子として生きたことがよく分かる。
 では彼女は、具体的には何をしたのだろうか?それは、貧しいやもめのために「針仕事」をして、下着や上着を作ってあげたことだった。針仕事は小さなことかもしれないが、神に用いてもらった時、大きな働きとなって、弱い人たちの慰め、励ましとなった。だからこそ、タビタの死に際して周りの人たちは、ペテロを呼びに走った。そして彼女は死から蘇らされ、イエスの生きた証人となったのである。
 神はモーセをエジプトに遣わすとき、「あなたの手にあるそれは何か」と尋ね、「杖です」と答えた彼に、その杖を用いて、ご自身の業を現す力を与えられた(出エジプト記4:2〜5)。タビタの場合は「針と糸」であろう。小さなものでも構わない。「私の手にあるものはこれです」と、イエスに差し出すならば、それぞれの持っているものを主が豊かに用いてくださるのだ。当教会では、地域に仕え、共に生きる実践として、10月から「ジョイファミリー子ども食堂」をプレオープンする。この働きのためにも、ぜひそれぞれの「杖」や「針と糸」を、大いに用いてもらいたい。

「イエス様の愛に応えたい!」 詩編116:12~13 [礼拝メッセージ]

7月22日礼拝メッセージ(中村牧師)先生より
(Jキッズ(小学生)キャンプとの合同礼拝)

人は神様に創られたものであり,神様のものさし(ルール)に従って生きなければならない。人間が自分勝手に生きることが罪の始まりである。自分の力では生きられないとわかった時,人はイエス様に出会う。イエス様は私たちに正しいものさしである聖書を与えてくださり,私たちの存在そのものを喜び愛してくださる。イエス様は私たちの罪の身代わりに死に,信じる者に永遠の命を与えるために復活してくださった。イエス様をまだ信じていない人は,信じてほしい。信じている人は,正しいものさしで生きているか点検し,神様の愛に気づく人になってほしい。
 サッカー日本代表の乾選手は,「選んでくれた監督に感謝し,恩返ししたい」と繰り返し発言した。これはヨハネ15:16「わたしがあなたがたを選び任命した」,詩篇116:12~13「主がよくしてくださったことに,主に何をお返ししようか」というみことばにつながる。
 ある青年は,バイク事故で命が守られたことをきっかけに,自分の生き方を変えて,神様の役に立ちたいと思うようになった。ある女性は,神様がありのままの自分を愛してくれていると知り,神様の愛を伝える人になりたいと思った。私は,自分のものさしで生き神様を無視していたため,教会には戻れないと思っていた。しかし,神様は自分を待ってくれていたと気づき,神様のものさしで生き,神様にお返しをしたいと思った。
 自分には何ができるか心配な人がいるかもしれないが,神様は私たちの存在そのものを喜び愛してくれる。星野富弘さんは,器械体操の事故で首から下が動かなくなり,自分は生きる意味がないと思っていた。しかし,聖書を読んで,自分は何もできなくても神様に愛されていると気づき,自分でできることで役に立ちたいと考えるようになった。努力を重ね,口で字と絵を描けるようになり,星野さんの描いた花の詩画は多くの人に愛されている。
神の国代表チームの1人として,皆さんにもできることがある。教会につながり,自分にできることを見つけてほしい。

『俺は助けてもらわねぇと生きていけねぇ自信がある』 使徒 9:19~30 [礼拝メッセージ]

7月15日礼拝メッセージ(野口牧師先生)より

 復活のイエス様によって弟子と変えられたサウロは信仰者の仲間に入れてもらおうとした。人間は創造主なる三位一体の神様に創られたので一つになりたいと真実な交わりに憧れ、一つになった時に大きな力を発揮できるように創られている。日本のみならず世界中で人気の漫画「ワンピース」から、神戸女学院の内田樹教授は、「人は集団に帰属しないと能力を発揮できない、チームとなって初めて力を発揮できる。どうしたら一人一人の個性や才能を発揮できるのか、この漫画は組織論としても読める」と言っている。これはまさにイエス様の求める教会・家の教会に通じる。イエス様を中心として各々与えられた賜物を活かし合い豊かに用いられる。これこそが私たちの教会の目指すところである。
 サウロは仲間入りした後180度変わり諸会堂に乗り込み、イエスは神の子であると宣べ伝え始めた。しかしサウロのあまりにも急激な回心は使徒たちに信じてもらえなかったが、この時仲介の労に立ってくれたのがバルナバだった。バルナバは聖霊と信仰に満ち、イエス様ならどうされるか(WWJD)を物事の判断としサウロを使徒たちに仲介の労をとった。
 ガラテヤ6章の原則は、一人で負いきることのできない大きな重荷は互いに力を合わせて負いあう。リュックサックのような重荷はそれぞれ自分で背負うこと。それを他の人が取り上げてやってしまうと無責任になってしまうのである。サウロが弟子たちの仲間に入ろうとしたときは自分ではできない大きな重荷だったがそれをバルナバが助けたのである。
 サウロはダマスコからもエルサレムからも二度も逃げた。彼が逃げたのは自分の命が惜しいからではなく、イエス様が生きよと言っておられる間はこの地上でイエス様と人々、また弟子たちのために全力を尽くして生き延びることを選んだのである。イエス様でさえ十字架に架かられるまでは何回か逃げている。逃げるということは自分を大切にすること。逃げるに時あり戦うに時あり。私たちは聖霊様にあって柔軟に判断していきたい。逃げることは決して敗北ではなく後に勝利すればいいのである。


『愚痴が言え、上手に迷惑をかけあう関係づくり』   使徒の働き 9:10~19 [礼拝メッセージ]

7月1日礼拝メッセージ(野口牧師先生)より

 サウロはクリスチャンを迫害するためダマスコへ向かう途中、イエス様に出会う。 その強い光のため目が見えなくなり、三日間飲食もせず、ユダという人の家で祈っていた。 何を祈っていたのか? おそらく「私は今まで神様のために、正しいと思ってクリスチャンを激しく迫害してきました。それがあなたに対する反逆行為だなんて。 どうしてもっと早く止めてくださらなかったのですか。ひどいじゃないですか」と自分の気持ちを思いっきり神様にぶつけたのではないだろうか。 神様はそれを否定される方ではない。 詩篇を見ても然り、ヨナ書を見ても然りである。 人は自分の気持ちを吐き出さないと心を整理することができない。
 「いい子に育てると犯罪者になる」岡本茂樹著は愚痴を言える関係を作ることを勧めている。 人はストレスがたまるとしんどくなり、やる気を失う。 愚痴を聞いてもらうと支えられていると感じ、周囲の人を大切にしようと思い、人間関係が良くなる。 親が上手に人に甘えられるようになると、子供も上手に甘えられるようになる。
 神様はアナニヤにサウロを訪ね、手を置くように言われる。 アナニヤにとってサウロは恐れ・怒り・疑いの対象で、迷惑な話である。 しかし、神様は迫害者サウロを「異邦人への器」として選んでいると言われ、アナニヤは従った。 サウロはイエス様に直接会ったが、それだけでは不十分で、クリスチャンの仲間に入れてもらわないと、その能力は活かせない。 一人ではサッカーができないのと同じである。 サウロはイエス様の恵みを受けて、自分も迷惑を引き受ける人となっていった。
 岡本茂樹氏は「もう絶対、迷惑はかけない」と更生を誓う少年は、また少年院に入る確率が高いという。 「迷惑をかけない」という価値観は、悩み・苦しみを一人で抱え込むことになる。 再出発するためには、人に上手に甘えたり頼ったりする生き方を身につけることが必要という。
サウロはアナニヤに手を置いて祈ってもらい、目が見えるようになった。 それはただ肉体的に見えるようになったのではなく、救い主イエス様が、自分の使命が見えるようになった。 自分の生い立ち・状況・能力すべてがイエス様を伝えるために用いられる。 私達が救われた目的は何か? 宣教と弟子化のためである。 家の教会を通して、互いに愚痴を言い、迷惑をかけあって、今度はVIPをイエス様の元に導き、みこころを実現していく弟子になりたい。

「尊敬されたい男」エペソ5:33 [礼拝メッセージ]

6月17日礼拝メッセージ(野口牧師先生)より


 夫婦関係において聖書は、夫に対しては妻を愛するように、妻に対しては夫を敬うようにと命じている。人間を創造された神は、それぞれに必要なものが違うことを知っておられるからだ。夫婦に衝突があった時、女性は「愛されていない」と感じる人が多いが、男性は「尊敬されていない」と感じる人が多い。
アメリカには「男性は女性に褒められたくて行動する」ということわざがあるが、まさに女性の褒め言葉は、男性の原動力になる。そして、褒める内容には三つの種類がある。一つ目は「doing」で、何かをしてくれたとか、上手にできるといった行動に対するもの。二つ目は「having」で、足が長いとか、目が大きいなど、身体的に持っている特徴に対するもの。これらを褒めることももちろん良いが、これらは条件付きであり、失ってしまえば評価されなくなるという面がある。しかし三つ目の「being」は、「あなたがいてくれて嬉しい」という、その人の存在自体を喜ぶことであり、ここにアプローチすることがポイントとなる。
私の妻は現在、幼児園の副園長、教会の牧師夫人、幼い孫たちの祖母として、非常に多忙な毎日を過ごしている。そんな妻の助けになればと思い、最近は私が家事を手伝っている。特に料理に力を入れているのだが、妻が「すごい」「美味しい」と褒めてくれたり、喜んでくれることが原動力になっている。
また家庭の中で、子どもが難しい質問をしてきた時に「お父さんならよく知っていると思うよ。」と言ってみたり、相談事をされた時に「お母さんはこう思うけど、お父さんにも聞いてみようか。」と伝えるなど、お父さんの存在を出してあげることも、男性に尊敬を現す良い方法だろう。
聖書の言葉通り、男性は女性の尊敬を必要としており、褒め言葉を原動力として頑張れるように造られている。父の日にあたり、女性の皆さんは、ぜひ夫に褒め言葉をプレゼントしてあげてもらいたい。

『人生は出会いで決まる』 使徒9:1~9 [礼拝メッセージ]

6月10日礼拝メッセージ(野口牧師先生)より

 サウロはタルソに住む裕福なユダヤ人で、頭も良く、ガマリエルに師事し、当時のユダヤ人社会では大変なエリートだった。そんな彼がイエス様に出会い、生き方を180度変えられた。
 この頃ご聖霊のはたらきにより、伝道が盛んになり、多くの人々が救われ、福音が広められていった。が、そんな時こそサタンの妨害がはたらく。サウロの目にはキリストの教えが「神への冒涜」と映り、獲物を狙う獣のように「迫害に息を弾ませて」いた。大祭司からキリスト者を捕えるための書状を得てダマスコに向かう途中で、突然天からの光を浴び、目が見えなくなったサウロ。彼に呼びかける声があった。
「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか?」「わたしはあなたが迫害しているイエスである」と。
 サウロが迫害しているのはクリスチャンたちであり、イエス様ご本人ではない。しかし教会は「イエス様の体」であり、イエス様はその「頭」である。教会ないしクリスチャンを迫害することは、イエス様を迫害することなのだ。
 この時イエス様はサウロを阻止し、ダマスコのクリスチャンを守った。しかしエルサレムでの迫害はそのままおかれた。この違いは何であろうか?エルサレムで迫害されたクリスチャンは各地へ逃げ、散らされ、行く先々で宣教し、福音が全世界へと広められていった。マイナスと思える出来事も伝道に用いられたのだ。一方、ダマスコへの道でサウロにはたらかれたイエス様は、「敵のエース」を将棋でいう「自分の駒」とし、異邦人伝道へと大いに用いられたのだ。
 このサウロのように、イエス様と出会って180度人生を変えられた人がいる。一人は武庫之荘めぐみ教会の松田先生で、キリストの教えを受け入れられず、すでに救われクリスチャンとなった姉を迫害していた。しかし聖書を読み、みことばに捕えられ、姉への迫害をやめ、ご自身も救われ牧師となった。もう一人は、東京基督教大学の元教授である櫻井圀郎先生だ。元は法律家であったが「世界で一番人をだましているのはキリスト教だ」と、キリスト教を潰す為に聖書を読み始めた。そうして、イエス様の復活の記事が真実であることを確信し、天地創造を受け入れることができ、その後法律事務所をたたみ、神学校に入学した。
 このように最初は迫害者であっても、本気になってイエス様にぶつかる人を、有能な働き手として用いてくださる。イエス様と出会う前に、知らず知らず身につけていたあなたのたまものはなんだろうか?ぜひともその備えられたたまものを、イエス様のご用の為に大いに働かせて用いていただきたい。

『一人の、異邦人の魂のために』使徒8:26~39 [礼拝メッセージ]

6月3日礼拝メッセージ(野口牧師先生)より

 アフリカで唯一のキリスト教国だったエチオピア。カンダケの女王の高官であった宦官がクリスチャンになりエチオピアに福音を持ち帰った事が起源になったといわれている。このエチオピアの宦官を救いに導いたものは何だろう。 彼は異邦人だが熱い思いとへりくだった心をもって、まことの神さまに礼拝を捧げたいという一心で遠く離れたエルサレムまで馬車で来た。
 まことの神さまを求める一人の魂の救いのために、まことの神さまはさまざまなものを
用いて働きかけて下さった。御聖霊に示されピリポが遣わされた所には帰路の馬車で熱心にギリシャ語で書かれた聖書の中のイザヤ書を声に出して読んでいた宦官がいた。ピリポは駆け寄り、「あなたは読んでいることがわかりますか」と尋ねた。ギリシャ語に精通していたピリポは導く人を必要としていた宦官に応え、イザヤ書のメシヤ預言はだれについて書かれているのか説明し、旧約の中心はエスさまでありイエスさまの十字架と復活を詳しく宣べ伝えた。
 聖書は導く人がいないと解らないと言う一面を持っている。主は礼拝を通して宦官を導き、礼拝を通して神さまの恵みを知る者とされた。熱心に声を出して聖書を読んでいたことが宦官の救いにつながり、聖書が教える本当の知恵とイエスさまを信じる信仰の確信が宦官に与えられた。そして聖書を正しく知るための導き手としてギリシャ語が使えるピリポが用いられた。
 このポイントを踏まえ、私達も自分に与えられた賜物を主に用いていただこう。主の声に聞き従いピリポのように一歩を踏みだしてゆこう。
また聖書や読書する時、音読することで目と耳を刺激し脳の活性化につながるという。子育てに於いても読み聞かせをすると親子関係が良くなり、子供にとっても好奇心が芽生え、語学力が育まれるというメリットがある。
 異邦人であるエチオピアの宦官の救いは全世界に新しい扉が開かれた瞬間でもある。神さまは一つの魂の救いのために、愛するわが子とするために様々なことを用い、私達を遣わしてくださる。 コロサイ3:16にあるように主の愛の中で互いに教え戒め、心から主を賛美しよう。イエスさまを知らない人達のために一人ひとりが良き導き手となりますように。

「主の恵みと愛する兄姉の祈りに支えられた信仰生活」エペソ2:8~10 [礼拝メッセージ]

5月20日礼拝メッセージ(N執事)より

0520.jpg

 私は,クリスチャンは清く正しく美しい,別世界の人だと考えていた。しかし,妻に誘われ,教会の人と交流をするうちに,普通の人たちだとわかり,友人として付き合うようになった。また,子どもが誕生するまでに大きな試練があったが,教会の人たちの具体的な助けや祈りに支えられた。長女の誕生後,感謝の気持ちから礼拝に出席するようになったが,すぐにはイエス様の復活が信じられなかった。疑問の答えを求めてMさんと聖書の学びをすることになり,その中で「イエス様の復活を信じたい」と信仰告白し,洗礼を受けた。その後,みことばに従うことによる恵みや,「いのちの道」の学びを通して,イエス様の復活が100%確信できた。周囲の祈りと神様の一方的な恵みで救われたことを感謝している。
 信仰生活での最初のチャレンジは,牧者になることであった。不安だったが,周囲の励ましとフォローで,メンバーを本当の家族と思って向き合うことができた。とりなしの祈りの援護と神様の恵みで,今はたくさんの方が集ってくれている。
私は,毎年掲げられる年間聖句に励まされ,従ってきた。それによって,仕事の祝福,牧場の増殖,礼拝局執事就任,牧場の子どもたちの受洗などの恵みがあり,感謝している。
 今年の初め,自転車で転倒し骨折した。自宅療養で治すことができたのは,神様が作られた人間の体のすばらしさと皆さんの祈りのおかげと感謝している。また,その時期に仕事のトラブルを抱えていたが,出社できない私の代わりに上司や同僚が動いてくれ,乗り切ることができた。このことを通して,すべてを自分で抱え込むのではなく,周囲に任せ成長させていくことも,リーダーの役割だと教えられた。
 私は今年の目標として「祈り」を掲げている。自分が祈ってもらうことで祈りの援護と感謝がわかった。もっと祈祷課題を出して祈ってもらい,自分も他の人のために祈っていきたい。また,神様の愛にこたえるために,神様が用意してくださっているよい行いに歩みたい。

前の10件 | - 礼拝メッセージ ブログトップ